環境理念

現代の社会においては、資源・エネルギーなどの利用や、温室効果ガスや廃棄物・化学物質などの環境負荷排出においても、拡大の一途を続けています。

これら人間の活動は、生物多様性の損失や気候変動にいたるほどの脅威をもたらし、自然災害の増加、世界規模の水不足・食糧不足等々の「生命」が直結する問題として人のみならず様々な生き物の暮らしを脅かしていると伝えられています。

この様な現代社会の中で機械設備工事業のスタンダードをめざしながら社会の持続可能な発展のために経済的・環境的・社会的側面で責任ある活動をすることを宣言します。

環境保全への行動指針


①二酸化炭素排出量の削減

 電力の消費や業務車両の燃料消費などに伴う二酸化炭素排出量の削減に努めます。

 

②廃棄物排出量の削減

 各廃棄物排出量の削減とリサイクル率の向上に努めます。

 

③総排水量の削減

 水道水の節約に努めることによる間接的なCO2削減に努めます。

 

④グリーン購入の推進

 環境にやさしいグリーン商品の購入に努めます。

 

⑤エコカーの推進

 社有車を順次ハイブリット車などに切り替え、エコカー比率を高めます。